沖田 友幸 | ニクニ白鷹 - 資材調達から組立まで一貫生産によるモノづくり 沖田 友幸 – ニクニ白鷹

RECRUIT採用情報

STAFF INTERVIEW社員インタビュー

技術課沖田 友幸

仕事内容

アルミ・鋳鉄等の金属加工製品の製造準備を担当しています。お客様より頂いた図面を読み、要求精度を満たす工程設計・加工指示書作成・加工プログラム作成を行っています。 最近では、自社製品となるサニタリーバルブの新規立上にも携わっており、金属加工・組立作業・性能試験等の製造フォローを行いながら、バルブの構造について日々勉強しています。

入社理由

大学の専攻は化学系でした。機械系にも興味があり専攻に関する分野で限定せず就職活動をしていました。 学校の合同企業説明会でニクニブースを訪れ、興味を持ったことがきっかけになりました。 その後工場見学に参加し、製造現場やそこで働く人々を見学しました。そこで感じるものは多かったです。 仕事内容も自分のイメージに合っていたため、入社しました。

仕事で苦労した経験とやりがい

製造準備では「前もっての準備(段取り)」が重要です。金属加工をする上で精密に素早く加工するためには、加工プログラムの準備、冶工具の準備、工具の準備等、様々な準備が必要になります。準備不足があると加工が進まずに無駄な時間がかかってしまいます。物事の全体を見通す力が必要でなかなか大変です。 何事も無くスムーズに加工が進んだ時は達成感があります。

今後の展望

今後は自社製品であるサニタリーバルブをニクニ白鷹の主力事業にするために、新規製品のスムーズな立上げや製造コストの削減(製造方法の改善、設計の変更による部品点数の削減)に注力していきます。 そのためには設計の知識が不可欠であります。 その部分は全く足りないので日々勉強していきたいです。